「顔の赤みを消す方法、いろいろ試しても効果が出ないな~」

そんな悩みをお持ちの方、その「悩み」が赤ら顔を作っています。

赤ら顔の原因として、つい見逃しがちなのが「ストレス」。

顔の赤みを消す方法に悩んでストレスをためること・・・それ自体が「赤ら顔」を作ってしまうんです。

ストレスが顔の赤みを悪化させる原因は、ずばり「乾燥」。

顔の赤みを消す方法には、「保湿」が不可欠。

つまり肌を乾燥させるストレスは、赤ら顔改善の大敵なんです。

では、なぜストレスは肌を乾燥させるのでしょうか。

ストレスが肌を乾燥させる理由は、次の2つです。

 

●バリア機能の低下

ストレスを受けると、脈が速くなったり胸がギュウッと締めつけられたりしますよね。

それは血管収縮のサイン。

血管が収縮し血行が悪くなると、皮膚の温度は低下。

皮膚の温度が下がると新陳代謝が乱れ、角質細胞が育ちません。

角質細胞が育たないとセラミドを十分作れませんし、セラミドを補ってもためておくことができません。

セラミドをためられない肌はバリアが薄く、水分がどんどん蒸発。

顔の赤みを消す方法でいくらたっぷり保湿しても、むだになってしまいます。

 

●女性ホルモンの減少

女性ホルモンは、肌にツヤを与える「美しさのもと」です。

でもストレスに影響を受けやすいのが難点。

脳内で、女性ホルモンの分泌を命令する視床下部と、感情コントロールを司る扁桃体は至近距離にあります。

よって扁桃体がストレスを受けると、視床下部の「女性ホルモン司令塔」がモロに影響。

潤いをサポートするエストロゲンが減少し、乾燥を引き起こします。

顔の赤みを消す方法を考えるとき、女性ホルモンまで視野に入れることって少ないですよね。

でも美肌と女性ホルモンは、切っても切れないもの。

顔の赤みを消す方法を考える際には、「ストレスで生理が乱れていないか」「生理中に赤ら顔がひどくなっていないか」など「女性ホルモンの乱れ」にも着目しましょう。

意外な突破口が見えてくるかもしれません。

「赤ら顔解消にはストレス解消が必須!」ということがわかりましたね。

ではストレスを解消するには、どうすればよいのでしょうか。

 

●睡眠をきちんととる。

ストレスを受けた脳は、非常に疲弊しています。

睡眠で脳の疲労を取り去れば、ストレスもスッキリ取りのぞけます。

 

●適度に運動をする。

体を適度に動かすことは、ストレス解消につながります。

また運動は血行・便秘・汗など、あらゆる点で「めぐり」を良くするので美肌効果大。

顔の赤みを消す方法として最強のメソッドです。

 

●バランスの良い食事をとる。

「ニキビの赤ら顔がいやで、脂質は断固拒否」。

「肌のために野菜をとらなきゃ! お肉はNG」

そんな極端な食事をしていませんか?

ストレスをためないためには、バランスの良い食事が大事。

お腹がすいてイライラしたら、ますます肌状態が悪くなります。

豊かな食事は、心も豊かになりストレス解消に。

顔の赤みを消す方法に大切な栄養素も、きちんと摂ることができます。

 

顔が赤いと「人の目線」が怖く、非常にストレスがたまりますよね。

でもストレスは「乾燥」を加速。

赤ら顔改善の大敵です。

顔の赤みを消す方法に悩んだら、まずは「睡眠・運動・食事」でストレス解消を心がけましょう。

さらにストレスを軽くしたいなら、コスメ選びもスピーディーに!

赤ら顔の人は敏感肌なので、スキンケアコスメを選ぶだけでもストレス全開になってしまいます。

顔の赤みを消す方法に良い化粧品を、コスメランキングでチェックしましょう。

コスメ選びが楽になれば、ストレスがグッと減りますよ。

顔の赤みを消す方法ランキング おすすめ人気スキンケア